USEN-NEXT HOLDINGS<9418>は9日、新コンセプトの体験型アルバイト情報サービス
「Baitry(バイトリー)」を運営するスポットメイトと資本業務提携を行ったことを発表した。

飲食店では人手不足が深刻化しており、アルバイトスタッフ(ワーカー)の人材確保が大きな課題となっているが、スポットメイトは、体験型のアルバイト人材を募集できるバイトアプリ「Baitry(バイトリー)」を運営しており、店舗はワーカーとの相性を、ワーカーは職場の雰囲気や実際の仕事内容などを確認することで、店舗とワーカーのミスマッチを防ぐことを可能にし、最終的には双方、長期雇用と勤務につながっている。

今回の資本業務提携により、USEN-NEXT GROUPの顧客に対して、人材不足の課題解決に向けたソリューションの提供が可能となり、スポットメイトは、マーケティング・開発体制の強化による導入店舗数の拡大をはじめ、アプリ機能の充実とサービスエリア拡大に注力するとしている。


<SF>

情報提供元:FISCO
記事名:「USEN-NEXT HOLDINGS---アルバイトのマッチングアプリを運営するスポットメイトと資本業務提携