ソニー<6758>

昨日は中国通信機器メーカーの華為技術(ファーウェイ)幹部の逮捕を受けて関連銘柄の一角として急落した。これにより一気に75日線を割り込んできている。ただし、ファーウェイの影響は限定的とみられており、直近急落に対する自律反発が意識されよう。米クリスマス商戦での「PS4」の売り上げは好調と伝えられている。一目均衡表では雲上限に接近しており、リバウンドが試されるタイミングでもある。


カカクコム<2371>

足元で調整をみせているが、このところは1900-2300円処でのレンジ相場が続いており、このレンジ上限からの調整となる。とはいえ、直近の上昇から25日線と75日線とのゴールデンクロスが継続しており、25日線接近で押し目買いのタイミングに。一目均衡表では転換線が支持線として意識される。週足形状では13週線が支持線として意識されている水準となる。


<CS>

情報提供元:FISCO
記事名:「ソニー、カカクコム◆今日のフィスコ注目銘柄◆