7&iHD<3382>は続落。前日に上半期の決算を発表、営業利益は1996億円で前年同期比3%増益、会社計画の1967億円を小幅に上回り、事前の観測報道に近い水準となっている。サプライズは乏しく、株価の反応も限定的にとどまる形に。国内コンビニ事業が減益となったものの、海外コンビニ、スーパーストア、金融関連、専門店などが増益となった。なお、国内コンビニに関しても、6-8月期はわずかながら増益に転じている。 <US>

情報提供元:FISCO
記事名:「7&iHD---続落、決算サプライズは乏しく株価の反応は限定的に