ヤーマン<6630>は急伸で上昇率トップ。前日に第1四半期の決算を発表、営業利益は22.4億円で前年同期比36.0%増益となった。今期の減益見通し発表以降、株価は低迷していたものの、過度に悲観的な見通しであったとの見方も強まり、上振れ期待から水準訂正を目指す動きに。海外部門が大幅増収増益となったほか、免税店向け卸売り事業が好調を維持している。また、立会外取引で58万株の自己株取得も実施した。 <US>

情報提供元:FISCO
記事名:「ヤーマン---急伸で上昇率トップ、第1四半期好決算受けて見直し買い