旭ダイヤ<6140>は急落。前日に発表した決算がネガティブ視されている。前期営業利益は46.4億円で前期比75.5%増益、従来予想の43億円を上回ったが、最終利益は減損を計上したため、従来の31.7億円予想を下回る16.1億円となった。期末配当金も7円計画から5円に引き下げている。さらに、今期の営業利益見通しは27億円で前期比41.8%の大幅減益予想、太陽電池シリコンウエハ加工用の減少を見込んでいる。
<HH>

情報提供元:FISCO
記事名:「旭ダイヤ---急落、減損計上による減配や今期減益見通しを嫌気