※この業績予想は2018年4月3日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

東洋機械金属<6210>

3ヶ月後
予想株価
1,100円

射出成形機メーカー。電動ダイカストマシンも手掛ける。主力は自動車や生活用品向け。1925年、神戸製鋼所の紡機部門から分離独立。電動サーボ技術を業界に先駆けて開発。18.3期3Q累計は二桁の増収、増益。

18.3通期は約32%の営業増益を予想。欧米での販売やサービス拠点の強化、新製品の投入による国内外の新規顧客を開拓する。株価は業績の伸長により、下落基調からの緩やかな回復を想定。直近高値を目指す。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
18.3期連/F予/30,000/2,400/1,560/1,560/82.97/25.00
19.3期連/F予/33,000/2,650/2,650/1,720/91.48/27.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2018/04/03
執筆者:NI
<FA>

情報提供元:FISCO
記事名:「東洋機械金属<6210>のフィスコ二期業績予想