※この業績予想は2018年4月5日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

光ビジネスフォーム<3948>

3ヶ月後
予想株価
560円

データプリントやビジネスフォームが主力。官公庁や金融機関向けに強み。データ入力から発送、回収、処理までを一括受託するBPO業務に力注ぐ。昨年9月に日本橋営業所(東京)を移転・増床し、新橋営業所などと統合。

ペーパーレス化でビジネスフォームや一般帳票類は逓減傾向。だがBPO業務が拡大。人員・設備の再配置や生産性向上などで採算も上向く。18.12期は増収・二桁増益へ。減損も減る。記念配剥落。株価は横ばいを想定。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
18.12単/F予/7,150/250/250/170/29.40/18.00
19.12単/F予/7,300/280/280/190/32.86/18.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2018/04/05
執筆者:JK
<FA>

情報提供元:FISCO
記事名:「光ビジネスフォーム<3948>のフィスコ二期業績予想