※この業績予想は2018年4月1日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

アイネス<9742>

3ヶ月後
予想株価
1,200円

独立系SI大手。180の地方公共団体で採用されるなど、地方自治体向けシステムに強み。銀行や保険など金融向けにも実績。マイナンバー特需の反動により、18.3期3Q累計では苦戦。通期営業利益は15億円を計画。

事務所移転費やデータセンター移転費発生も、来期一巡。複数の地方自治体からシステム更改案件が浮上。マイナス金利で投資を抑制していた銀行系顧客は投資意欲持ち直し。利益は今期大底か。株価は緩やかな回復を想定。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
18.3期連/F予/37,000/1,500/1,500/1,000/38.30/20.00
19.3期連/F予/43,000/2,600/2,600/1,700/65.10/23.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2018/04/01
執筆者:YT
<FA>

情報提供元:FISCO
記事名:「アイネス<9742>のフィスコ二期業績予想