JAC<2124>は大幅反発。東海東京証券が投資判断「アウトパフォーム」継続で、目標株価を2090円から2700円に引き上げていることが評価材料。今12月期営業利益は58億円と会社計画比上振れを予想。これまでの社員の教育体制充実化によって、採用したコンサルタントのスキルは着実に向上、今後は企業への人材紹介が増加する見通しとしている。中高額年収帯、専門性の高い求人案件の成約が高まることで成約単価も上昇すると考えているようだ。 <HK>

情報提供元:FISCO
記事名:「JAC---大幅反発、コンサルタントのスキル上昇など見込み国内証券では目標株価上げ