※この業績予想は2017年12月30日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

千代田化工建設<6366>

3ヶ月後
予想株価
850円

総合エンジニアリング国内2位。中東など海外で石油・ガスプラントの施工実績豊富。三菱商事が筆頭株主。海外拠点の統廃合でコスト圧縮。中計では21.3期に純利益200億円を目指す。18.3期2Qは利益大幅悪化。

ロシアや豪州のLNG案件の工事進捗が順調。だが米国のLNG案件で天候不順などで追加コストが発生。18.3期は利益苦戦を予想。貸出金引当金戻入益発生で純益は膨らむ。指標面の割安感乏しく、株価は横ばいを想定。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
18.3連/F予/500,000/-9,500/-8,000/5,000/19.31/6.00
19.3連/F予/500,000/8,500/10,000/5,000/19.31/6.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2017/12/30
執筆者:JK
<DM>

情報提供元:FISCO
記事名:「千代田化工建設<6366>のフィスコ二期業績予想