■クレオ<9698>の市場環境

2. 財務状況と経営指標
2018年3月期第2四半期末の連結貸借対照表を確認すると、流動資産は主に売掛金とたな卸資産の減少により、5,959百万円(前期末比30百万円減)となった。固定資産は主にソフトウェア、差入保証金の減少により1,142百万円(前期末比122百万円減)となった。流動負債は主に買掛金の減少と、賞与引当金の増加により1,142百万円(前期末比10百万円減)となった。固定負債は主に長期未払金の減少により、142百万円(前期末比12百万円減)となった。純資産は主に配当金支払いにより、5,029百万円(前期末比131百万円減)となった。

なお、当第2四半期末も無借金で、300%超の高い流動比率を保っており、財務的な安全性については問題ないと思料される。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 内山 崇行)
<MW>

情報提供元:FISCO
記事名:「クレオ Research Memo(5):財務体質は高い安全性を維持