RIZAPグループ<2928>は14日、海外店舗全てで黒字化を達成したことを受けて、海外展開を強化する方針が決定したことを発表した。

現在、上海、シンガポール、台北、香港の4拠点で海外展開しており、これら全てで黒字化を達成しこれに伴い、台湾(2017年12月中)とシンガポール(2018年春)に第 2 号店を オープンする予定となった。

アジア諸国では経済発展により、肥満率の増加が問題になっている。台湾では、人々のダイエットや健康に対する興味・関心も高まっており、2012年-2016年にはフィットネスクラブの出店数が年平均成長率23.6%を記録している。シンガポールにおいてもフィットネスクラブ市場は拡大の傾向が見られる。

同社では、今後も国内・海外問わずボディメイクを通じて健康と自信をつけて、顧客にとっての“生涯のパートナー”であり続けられるよう結果にコミットしていく考え。
<MW>

情報提供元:FISCO
記事名:「RIZAPグループ---全海外店舗の黒字化を達成し、海外展開強化の方針を決定