※この業績予想は2017年8月2日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

九州フィナンシャルグループ<7180>

3ヶ月後
予想株価
770円

16年10月に肥後銀行(熊本県)と鹿児島銀行が経営統合し発足。17年3月末の自己資本比率(国内基準)は12.3%。来年1月の開業を目標に証券子会社を設立。17.3期は熊本地震に伴う与信費用増などで足踏み。

低金利が痛手も債券売却収入などで資金利益横ばい。熊本地震の影響一巡で肥後銀の与信費用は減る。システム統合時期が決まらずも統合効果が徐々に発現へ。18.3期は利益回復へ。株価は反発のタイミングを探る展開か。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
18.3連/F予/161,000/0/30,000/19,600/43.12/12.00
19.3連/F予/160,000/0/30,500/20,000/44.00/12.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2017/08/02
執筆者:JK
<FA>

情報提供元:FISCO
記事名:「九州フィナンシャルグループ<7180>のフィスコ二期業績予想