※この業績予想は2017年7月12日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

旭松食品<2911>

3ヶ月後
予想株価
420円

高野豆腐、即席味噌汁「生みそずい」など大豆食品販売を展開。凍豆腐・加工食品へ経営資源集中。加工食品は価格競争激化。凍豆腐は前期伸長した反動が響く。売上原価改善。繰延税金資産増加。17.3期は2桁最終増益。

加工食品は不採算アイテムの改廃等で収益改善図る。凍豆腐は適正価格維持。18.3期は増収見通し。価格競争激化が収益面に響く。業績面は株価に織り込み済み。PBRは割安感が強く、株価は下値の堅い展開が継続へ。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
18.3期連/F予/8,800/220/250/200/21.32/5.00
19.3期連/F予/8,950/235/265/210/22.38/5.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2017/07/12
執筆者:YK
<FA>

情報提供元:FISCO
記事名:「旭松食品<2911>のフィスコ二期業績予想