※この業績予想は2017年7月12日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

倉元製作所<5216>

3ヶ月後
予想株価
230円

フラットパネルディスプレイ向けのガラス基板、薄膜デバイスを開発・製造する。マグネシウム電池・圧電フィルムの販売等も手掛ける。精密研磨布事業から撤退。事業構造改革が収益寄与。17.12期1Qは営業黒字転換。

主力のガラス基板事業は受注低迷だが、コスト削減が奏功。その他事業は損益改善。17.12期通期は黒字転換を見込む。損益改善は評価材料だが、受注回復を見極めたい局面。テーマ物色想定も、今後の株価は上昇一服か。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
17.12期連/F予/2,250/250/100/110/6.81/0.00
18.12期連/F予/2,350/300/150/150/9.29/0.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2017/07/12
執筆者:YK
<FA>

情報提供元:FISCO
記事名:「倉元製作所<5216>のフィスコ二期業績予想