※この業績予想は2017年7月7日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

昭和ホールディングス<5103>

3ヶ月後
予想株価
150円

従来はゴム事業及びスポーツ事業を展開。ファイナンス事業とコンテンツ事業を展開するウェッジHDを子会社化。Digital Finance事業は高成長。食品事業も堅調。17.3期営業利益は過去最高益更新。

ホテル事業等が収益貢献。18.3期もDigital Finance事業の成長続く。東南アジア各国で新規商品投入。一時的に短期物色が強まる傾向だが、利益成長鈍化が株価の重し。当面は上値の重い展開が継続か。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
18.3期連/F予/13,100/3,600/3,400/380/5.00/0.00
19.3期連/F予/13,500/3,700/3,500/390/5.13/0.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2017/07/07
執筆者:YK
<FA>

情報提供元:FISCO
記事名:「昭和ホールディングス<5103>のフィスコ二期業績予想