※この業績予想は2017年7月7日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

三井住友建設<1821>

3ヶ月後
予想株価
120円

三井・住友グループの準大手ゼネコン。19.3期営業利益220億円目標。配当性向20%以上目処。PC橋梁建設・超高層建築技術が強み。土木部門は高い利益水準を維持。建築部門も採算性改善。17.3期は2桁増益。

国内民間向け建築工事等の繰越高は増加。18.3期は増収計画。東京五輪関連の工事本格化などが追い風。採算性低下で収益は伸び悩む。利益成長鈍化が株価の上値抑制要因となり、当面の株価は上値の重い展開か。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
18.3期連/F予/427,000/23,000/21,100/14,800/18.20/3.00
19.3期連/F予/429,000/25,500/23,600/16,500/20.29/3.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2017/07/07
執筆者:YK
<FA>

情報提供元:FISCO
記事名:「三井住友建設<1821>のフィスコ二期業績予想