■株主還元策

イントラスト<7191>は株主還元策として配当を実施している。配当の基本方針としては、将来の事業拡大と企業体質強化のために必要な内部留保を確保しつつ、業績と連動した安定的な配当を継続していく。2017年3月期の1株当たり配当金は普通配当6円、上場記念配当2年、合計8円、配当性向17.4%となった。2018年3月期は、中間配当を4円、期末配当4円、合計年8円、配当性向20.7%を予想する。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 角田 秀夫)

<HN>

情報提供元:FISCO
記事名:「イントラスト Research Memo(8):基本方針は業績と連動した安定的な配当