JIG-SAW<3914>は21日、同社が提供するフルマネージド型システム監視・運用保守サービス「OPS」がネットワールド(本社:千代田区)が提供するパブリッククラウドサービス「NETWORLD CLOUD」に採用されたと発表した。

「OPS」とはJIG-SAWが提供するロボット型自動運用プラットフォーム「puzzle」と日本最大級の有人専用監視センター「SCC」による次世代のシステム・監視運用サービスである。

今後は両社のパブリッククラウド分野での協業が具体的に開始される予定としている。
<MW>

情報提供元:FISCO
記事名:「JIG-SAW---ネットワールドがフルマネージドサービス「OPS」を採用