30日午後の東京市場でドル・円は107円70銭台と、底堅い値動き。日経平均株価は前日比293円高と大引けにかけて上げ幅を縮小し、株高を好感した円売りは抑制された。一方、ユーロやポンドなど主要通貨は対ドルで弱含み、ドル・円は下値の堅い値動きとなっている。


ここまでの取引レンジは、ドル・円は107円54銭から107円79銭、ユーロ・円は120円87銭から121円17銭、ユーロ・ドルは1.1214ドルから1.1252ドル。


<TY>

情報提供元:FISCO
記事名:「東京為替:ドル・円は底堅い、主要通貨は対ドルで弱含み