24日の米国市場ではNYダウが2112.98ドル高の20704.91、ナスダック総合指数が557.18pt高の7417.86と急騰し、シカゴ日経225先物も大阪日中比680円高の18950円と大幅高。25日早朝の為替は1ドル=111円30-40銭(24日大引け時は111.39円付近)。本日の東京市場は昨日の米国株大幅高を受けてファーストリテ<9983>、ソフトバンクG<9984>、東エレク<8035>など日経平均構成比の大きい値がさ銘柄の上昇が予想される。また米長期金利の上昇から三菱UFJ<8306>など大手銀行株の買いも厚みを増すだろう。相場の回復で野村<8604>、大和証G<8601>、日本取引所グループ<8697>をはじめとする証券関連株も大きく水準を切り上げよう。その他では、強気の投資判断や目標株価の引き上げが観測された豊田自動織機<6201>、ユナイテッドアローズ<7606>、ソフトバンクG
<9984>などに注目。 <US>

情報提供元:FISCO
記事名:「個別銘柄戦略:ソフトバンクGやUアローズに注目