4日午後の東京市場でドル・円は108円50銭台と、上値の重さが目立つ。米10年債利回りの小幅低下を受け、ドル・円はやや下落方向に。一方、上海総合指数やハンセン指数は引き続き軟調地合いだが、米株式先物はプラス圏を維持しておりドルは下げづらい面もある。

 ここまでの取引レンジは、ドル・円は108円49銭から108円68銭、ユーロ・円は120円18銭から120円43銭、ユーロ・ドルは1.1074ドルから1.1084ドルで推移した。

<FA>

情報提供元:FISCO
記事名:「東京為替:ドル・円は上値が重い、米長期金利は低下