ユーロ・ドルは、1.0341ドル(2017/01/03)まで下落したが、1.2537ドル(2018/01/25)まで上昇。ユーロ・円は、英国民投票で欧州連合(EU)からの離脱が決定し、一時109円57銭(2016/06/24)まで急落。その後114円85銭(2017/04/17)から137円50銭(2018/2/2)まで買われた。米通商代表部(USTR)がフランス製品に対し追加関税を課す可能性があると伝えていることを受けて、フランスや欧州連合(EU)は報復措置を講じる可能性が浮上した。国際貿易環境は全般的に悪化するとの見方も広がっており、目先的にリスク選好的なユーロ買い・円売りが拡大する可能性は低いとみられる。

【ユーロ売り要因】
・米長期金利の上昇
・ユーロ圏の成長減速
・欧州中央銀行(ECB)は金融緩和を強化

【ユーロ買い要因】
・英国は合意なきEU離脱を回避へ
・ドイツの財政出動の可能性
・ユーロ圏の失業率は低下傾向

<CS>

情報提供元:FISCO
記事名:「今日の為替市場ポイント:◆ユーロ編◆リスク選好的なユーロ買い・円売りが拡大する可能性は低い見通し