欧州市場でドル・円は109円60銭台と、安値圏でのもみ合い。欧州株式市場は主要指数が総じて弱含み、リスク回避的な円買いに振れやすい。また、米株式先物は軟調、米10年債利回りも低水準での推移が続きドル売り基調に変わりはない。

一方、18時に発表されたユーロ圏4月消費者物価指数(CPI)改定値は予想、速報値と一致し、ユーロ売りは回避された。

ここまでの取引レンジは、ドル・円は109円59銭から109円73銭、ユーロ・円は122円46銭から122円65銭、ユーロ・ドルは1.1168ドルから1.1178ドルで推移した。

<MK>

情報提供元:FISCO
記事名:「欧州為替:ドル・円は安値もみ合い、欧州株安を意識か