NYMEX原油2月限終値:51.59 ↓1.00

11日のNY原油先物2月限は10営業日ぶり反落。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物2月限は前日比-1.00ドルの51.59ドルで通常取引を終えた。週末の利益確定売りや需要鈍化懸念がくすぶり売り材料となった。世界経済の減速に対する警戒感は払拭されておらず、原油需要が大幅に増加しない場合、需給悪化によって原油価格は反落するとの見方も影響した。

<TN>

情報提供元:FISCO
記事名:「NY原油:10営業日ぶり反落、週末の利益確定売りが先行