6日のロンドン外為市場では、ドル・円は113円12銭から112円61銭まで下落している。米中の対立激化への懸念から、欧州株が全面安となり、米株先物も下げ幅を拡大し、米10年債利回りは再び低下しており、ドル売り、円買いが優勢になっている。

 ユーロ・ドルは1.1321ドルから1.1346ドルでもみ合い。ユーロ・円は128円12銭から127円68銭まで下落している。

 ポンド・ドルは1.2700ドルから1.2753ドルまで上昇。ドル・スイスフランは0.9968フランから0.9990フランで推移している。

<KK>

情報提供元:FISCO
記事名:「欧州為替:ドル・円は113円12銭から112円61銭まで下落