14日のマザーズ先物は大幅反発した。前日比31.0pt(+3.17%)高の1008.0ptで取引を終えた。高値は1008.0pt、安値は983.0pt、売買高は2237枚。前日の米ハイテク株高や為替の円安・ドル高を映して、日経平均が終値ベースで5月21日以来約4カ月ぶりに23000円台を回復したことから、投資マインドが改善し、マザーズ先物にも好影響をもたらした。三連休を控えた週末でポジション整理の動きは限られ、引けにかけて一段高となる展開に。個別では、MTG<7806>やミクシイ<2121>、サンバイオ<4592>といった時価総額上位銘柄による堅調な推移も買い安心感につながったとみられる。
<SK>

情報提供元:FISCO
記事名:「マザーズ先物概況:大幅反発、外部環境好転で買い戻し