12日午後の東京市場でドル・円は112円20銭台を維持している。日経平均株価は堅調地合いが続き、円売りに振れやすいようだ。短期筋よると、112円50銭付近に買いが観測され、その水準まで上昇した場合にはストップロスを巻き込んだ上昇が見込まれる。

ここまでの取引レンジは、ドル・円は111円92銭から112円35銭、ユーロ・円は130円67銭から131円17銭、ユーロ・ドルは1.1670ドルから1.1679ドルで推移した。

<MK>

情報提供元:FISCO
記事名:「東京為替:ドル・円は小じっかり、目先112円後半が視野に