16日の欧州外為市場では、ドル・円は110円10銭から110円25銭で推移している。欧州株は小幅高安まちまち、米国10年債利回りは3.06%付近での推移が続く状況に、ドル・円は小動きになっている。

 ユーロ・ドルは1.1852ドルから1.1782ドルまで下落。欧州中央銀行(ECB)の出口戦略への思惑後退や、イタリア連立協議に絡む懸念などからユーロ売りが強まっている。ユーロ・円も130円57銭から129円73銭まで下落している。

 ポンド・ドルは1.3512ドルから1.3465ドルまで下落。ドル・スイスフランは0.9985フランから1.0019フランまで上昇している。

<KK>

情報提供元:FISCO
記事名:「欧州為替:ドル・円は110円10銭から110円25銭で推移