17日の日経平均は小幅ながら3営業日続伸。12.06円高の21847.59円(出来高概算13億5000万株)で取引を終えた。米国市場の上昇は織り込み済みとなり、日米首脳会談の行方を見極めたいとする模様眺めムードの中、こう着感の強い相場展開となった。緩やかに上昇する5日線が支持線として機能する格好から底堅さは意識されているが、後場の値幅は50円程度にとどまるなど、手掛けづらさがうかがえた。

TOPIXは反落、東証1部の騰落銘柄は値下がり数が1400を超えて全体の7割を占める状況であり、指数インパクトの大きいファーストリテ<9983>、ユニファミマ<8028>が支える格好だった。セクターでは石油石炭、鉱業、食料品、小売、空運が小じっかり。一方で、繊維、証券、銀行、不動産、鉄鋼、保険、非鉄金属が弱い値動きだった。

引き続き、国内政治リスクが警戒されているときでもあり、日米首脳会談の成否を見極めたいところであろう。決算発表が本格化する米国では、好調な決算ながらも金融株はさえない値動きをみせている。来週以降、本格化するハイテク企業の動向が注目されるところである。

また、ダイフク<6383>は、業績観測報道がコンセンサスを下回ったことが嫌気され、売りが先行していた。とはいえ、最高益更新が見込まれているほか、1月半ばに付けた高値をピークに調整が続いていたこともあり、売り一巡後は下げ渋る動きをみせていた。先日の安川電<6506>も同様、売り込みづらい状況である。また、ファナック<6954>が小幅に上昇している。内需セクターに埋もれているが、外需セクターを見直す動きも意識しておきたい。(村瀬智一)

<AK>

情報提供元:FISCO
記事名:「内需に埋もれるも、外需の見直しを意識しておきたい【クロージング】