13日午前の東京市場で、ドル・円は106円30銭台でもみあう展開が続く。ランチタイムの日経平均先物は軟調地合いとなり、目先の日本株の下げ幅拡大が警戒される。それを受け、円売りは弱まり、ドルは下押しされやすい地合いのようだ。

ここまでの取引レンジは、ドル・円は106円26銭から106円47銭、ユーロ・円は131円11銭から131円33銭、ユーロ・ドルは1.2333ドルから1.2341ドルで推移した。

<MK>

情報提供元:FISCO
記事名:「東京為替:ドル・円は小動き、日本株の下げ幅拡大に警戒