ユーロ・ドルは、1.0341ドル(2017/01/03)まで下落したが、欧州中央銀行(ECB)は2018年前半にもフォワードガイダンスを変更するとの思惑が広がったことで、一時1.2537ドル(2018/01/25)まで上昇。ユーロ・円は、英国民投票でEUからの離脱が決定し、一時109円57銭(2016/06/24)まで急落。その後114円85銭(2017/04/17)から137円50銭(2018/2/2)まで買われた。米国の保護主義的な通商政策への懸念は残るものの、ECBは2019年のユーロ圏のインフレ見通しを引き下げており、ユーロは対米ドルで上げ渋る状態がしばらく続くと予想される。

本日のユーロ・円は131円台前半で推移か。リスク回避的なユーロ売り・米ドル買いは一服しつつあるが、米ドル・円相場が円高方向に振れた場合、ユーロの対円レートは131円を下回る見込み。

【ユーロ売り要因】
・米長期金利の上昇
・パウエル米FRB議長は利上げ継続を示唆
・ECBは2019年のインフレ見通しを引き下げ

【ユーロ買い要因】
・日銀は現行の金融緩和策を長期間維持する可能性
・ECBは今年前半にもガイダンス変更の可能性
・米国の保護主義的な通商政策

<CS>

情報提供元:FISCO
記事名:「今日の為替市場ポイント:◆ユーロ編◆131円台前半で推移か