その他製品が上昇率トップ。任天堂<7974>が3%を超える上昇となっている。英フィナンシャル・タイムズなどの海外メディアが米半導体大手のエヌビディアと連携して中国市場に進出したと伝えており、材料視した買いが強まったようである。その他、建設、金属製品、化学、電気機器、倉庫運輸、水産農林、陸運が上昇率上位。一方で、鉱業が下落率トップ。原油相場の下げが影響している。


業種名/現在値/前日比(%)

1. その他製品 / 2,931.54 / 2.34
2. 建設業 / 1,468.16 / 2.15
3. 金属製品 / 1,536.86 / 1.92
4. 化学工業 / 2,160.11 / 1.77
5. 電気機器 / 2,597.78 / 1.76
6. 倉庫・運輸関連業 / 1,839.49 / 1.73
7. 水産・農林業 / 564.26 / 1.64
8. 陸運業 / 2,239.94 / 1.56
9. サービス業 / 2,046.44 / 1.52
10. 小売業 / 1,316.13 / 1.45
11. 食料品 / 2,104.56 / 1.44
12. ガラス・土石製品 / 1,326.4 / 1.27
13. 情報・通信業 / 3,766.27 / 1.26
14. 空運業 / 359.17 / 1.25
15. 精密機器 / 5,711.68 / 1.21
16. 機械 / 2,069.82 / 1.19
17. 卸売業 / 1,513. / 1.13
18. 医薬品 / 2,785.22 / 1.04
19. 石油・石炭製品 / 1,422.09 / 1.02
20. 鉄鋼 / 621.92 / 0.93
21. 輸送用機器 / 3,126.39 / 0.84
22. 不動産業 / 1,453.56 / 0.61
23. 証券業 / 422.64 / 0.61
24. 非鉄金属 / 1,215.56 / 0.50
25. パルプ・紙 / 559.7 / 0.40
26. ゴム製品 / 3,781.03 / 0.37
27. 繊維業 / 794.16 / 0.35
28. 保険業 / 1,037.03 / 0.35
29. その他金融業 / 672.87 / 0.12
30. 電力・ガス業 / 439.17 / 0.02
31. 銀行業 / 193.23 / -0.25
32. 海運業 / 381.77 / -0.71
33. 鉱業 / 363.58 / -0.88


<DM>

情報提供元:FISCO
記事名:「東証業種別ランキング:その他製品が上昇率トップ