大幅反発。前日の大幅な下げに対する自律反発の展開となった。ただし、前日に割り込んでいる25日線が支持線から抵抗線に変わってきているほか、5日線との短期デッドクロスが意識されるなか、同水準が上値抵抗として意識された。ボリンジャーバンドでは-1σと中心値(25日)とのレンジ内での推移。パラボリックは陰転シグナルが継続しているが、SAR値は23000円近辺に位置しているため、陽転シグナル発生へのハードルはそれ程高くない。一目均衡表では転換線、基準線が上値抵抗だが、遅行スパンは実線に沿った形での切り上がりをみせている。MACDはシグナルとの乖離拡大による陰転シグナルが継続している。もち合いレンジ内での推移であり、テキスト通りの自律反発といったところ。まずは目先の抵抗線突破を見極めたいところであろう。

<CS>

情報提供元:FISCO
記事名:「日経平均テクニカル:テキスト通りの自律反発