7日午後の東京市場でのドル・円は小じっかりの展開で、朝方付けた高値を上抜け一時112円51銭まで上昇した。日経平均株価が前日比300円超上げて堅調地合いとなり、リスク選好的な円売りの流れ。また、欧米株高観測も広がり、ドル・円、クロス円とも上昇基調となっている。

 ここまでの取引レンジは、ドル・円は112円22銭から112円51銭。ユーロ・円は132円39銭から132円74銭、ユーロ・ドルは1.1793ドルから1.1809ドルで推移。

<KK>

情報提供元:FISCO
記事名:「東京為替:ドル・円は小じっかり、日本株の一段高で円売り