ドル・円は200日移動平均線(111円84銭水準)付近で跳ね返され、足元は112円10銭台に値を戻す展開となっている。米10年債利回りが2.33%まで上昇したのに伴う値動き。ただ、欧州株は小幅高安まちまち、米株式先物は小幅高であり、今のところ円売りは限定的になりそうだ。

 ここまでの取引レンジは、ドル・円は111円97銭から112円16銭。ユーロ・円は132円45銭から132円73銭、ユーロ・ドルは1.1826ドルから1.1836ドルで推移。

<KK>

情報提供元:FISCO
記事名:「欧州為替:ドル・円は値を戻す展開、米長期金利が上昇