ドル・円は一時112円02銭まで値を下げたが、その後はやや値を戻し足元は112円20銭付近で推移。日経平均株価が前日比200円超高の堅調地合いとなり、円売りが強まったようだ。ただ、米10年債利回りが2.325%付近で伸び悩んでおり、積極的なドル買いは手控えられているもよう。

ここまでの取引レンジは、ドル・円は112円02銭から112円31銭、ユーロ・円は132円73銭から132円93銭、ユーロ・ドルは1.1825ドルから1.1851ドルで推移した。

<MK>

情報提供元:FISCO
記事名:「東京為替:ドル・円は112円台を維持、日本株高の継続で