15日のロンドン外為市場では、ドル・円は110円66銭から111円33銭まで上昇した。英中銀の年内利上げ観測の高まりで、ポンド・円が148円台から151円台まで急上昇した動きに連れ高になった。

 ユーロ・ドルは1.1913ドルから1.1963ドルまで上昇。ユーロ・円の上昇に引っ張られる一方、対ポンドでのユーロ売りに押され、上昇は限定的になったとみられる。ユーロ・円は131円88銭から133円09銭まで上昇した。

 ポンド・ドルは1.3429ドルから1.3616ドルまで上昇。英中銀金融政策委員の早期利上げを示唆する発言を受けて、ポンド買いが一段と強まった。ドル・スイスフランは0.9595フランから0.9628フランで推移した。

<KK>

情報提供元:FISCO
記事名:「欧州為替:ドル・円は110円66銭から111円33銭まで上昇