ドル・円は110円付近でもみあう展開が続ている。日経平均株価はマイナス圏ながら下げ幅を縮小しており、再浮上を見込んだドル買い・円売りの流れ。ただ、米10年債利回りが2.24%台で伸び悩み、ドル買いは仕掛けづらいようだ。

ここまでのドル・円の取引レンジは109円90銭から110円18銭、ユーロ・円は128円95銭から129円55銭、ユーロ・ドルは1.1731ドルから1.1770ドルで推移した。

<MK>

情報提供元:FISCO
記事名:「東京為替:ドル・円は110円付近、日本株の再浮上に期待