17日午前の東京市場でドル・円は112円40銭台で推移。本日は東京市場が休場となるため、ドル・円の取引は動意薄の状態が続くとみられているが、日本時間午前11時に中国の4-6月期GDPが発表さえることから、この数字を見極める展開となりそうだ。指標発表までは様子見状態が続く見込み。ここまでのドル・円の取引レンジは112円40銭から112円62銭。
・ユーロ・円は、128円96銭から129円15銭で推移
・ユーロ・ドルは、1.1467ドルから1.1475ドルで推移

■今後のポイント
・113円以下で顧客筋、個人勢のドル買い興味
・1ドル=113円-115円で輸出企業などのドル売り予約増加の可能性

・NY原油先物(時間外取引):高値46.71ドル 安値46.60ドル 直近値46.61ドル

<MK>

情報提供元:FISCO
記事名:「東京為替:ドルは112円40銭台、中国4-6月期GDPの発表を待つ状況