豪ドル・円は84円80銭付近でしっかりの値動き。前日豪大手4行が格下げされ、豪ドル・円は下落したが、影響は限定的。本日は日経平均株価の大幅高を手がかりにリスク選好的な円売りが強まっており、豪ドルは上昇基調となっている。

ここまでのドル・円の取引レンジは111円32銭から111円78銭、ユーロ・円は124円32銭から124円61銭、ユーロ・ドルは1.1141ドルから1.1154ドルで推移した。

<MK>

情報提供元:FISCO
記事名:「東京為替:豪ドル・円はしっかり、豪金融機関格下げの影響を払拭