こんにちは、フィスコリサーチレポーター花田浩菜の「SMBC日興証券の気になるレポート」です。

3/13付の「Daily Outlook」では、サイバーセキュリティ関連銘柄について考察しているのでご紹介します。

まず同レポートでは、『米国やロシアの大手情報セキュリティ会社は 2018 年におけるサイバー攻撃の最大リスクとして「サプライチェーン攻撃の増加」を挙げている。多くの大企業は強固なセキュリティ対策を施しているが、その取引先や関連企業である中堅・中小企業の安全対策は必ずしも万全でないケースがある』と伝えています。

続けて、昨年、日本でもサプライチェーン攻撃が耳目を集めたことを挙げ、『あらゆるモノがネットにつながる IoT 時代が本格化を迎え、サイバー攻撃の起点が増えて手法も高度化している。こうした中、経済産業省はサイバーセキュリティの多岐にわたる課題を洗い出し、関連政策を推進していくため、2017年 12 月に「産業サイバーセキュリティ研究会」を発足させた。(1)顧客データなどについて業界ごとに求められる安全性に応じたセキュリティ基準を策定し、(2)対象を大企業だけではなく取引先や関連企業である中堅・中小企業などを含めたサプライチェーン全体に広げる計画だ。国は日本全体のセキュリティ対策へようやく本腰を入れ始めたといえよう』と分析しています。

さらに、『独立行政法人 情報処理推進機構によると、日本は海外と比べ情報セキュリティの対応体制が脆弱であり、対策の緊急度は高いといえる』とまとめています。

最後にレポートでは、『業績拡大が見込まれる主な中小型銘柄』を紹介しています。具体的にはIIJ<3774>やトレンド<4704>、ネットワン<7518>など全8銘柄が挙げられていますので、詳しくは3/13付の「Daily Outlook」をご覧になってみてください。

また、面白いレポートを発見したらご紹介しますね。

花田浩菜の「気になるレポート」は各種レポートを花田浩菜の見解で注目し、コメントしています。レポート発行人との見解とは異なる場合があります。詳細は発行人のレポートを御確認くださいませ。

フィスコリサーチレポーター 花田浩菜
<ST>

情報提供元:FISCO
記事名:「急を要するサプライチェーン攻撃対策、SMBC日興証券(花田浩菜)