20日の上海総合指数は買い先行。前日比0.12%高の3148.02ptで寄り付いた後は、日本時間午前10時41分現在、0.02%高の3144.93ptで推移している。MSCIエマージング指数へのA株組み入れ期待が高まっていることが支援材料。また、中国人民銀行(中央銀行)の資金供給スタンスも好感されている。


<AN>

情報提供元:FISCO
記事名:「(中国)上海総合指数は0.12%高でスタート、MSCI指数へのA株組み入れ期待が高まる