急落でストップ安。20年8月期の営業損益予想を15.00億円の赤字と発表している。事業基盤を構築するための投資を最優先する時期と判断した。配当予想は未定。21年8月期は10.00億円の黒字に回復すると見込んでいる。19年8月期の営業損益は積極的な事業展開と投資実行が響き、0.39億円の赤字(前期実績8.37億円の黒字)で着地した。
セグメント別では出前館事業が堅調に推移した一方、通信販売事業が落ち込んだ。 <US>

情報提供元:FISCO
記事名:「夢の街創造委---急落でストップ安、今期営業損失予想15億円、配当未定、投資を優先