大幅に3日ぶり反発。グループの業績が19年12月期に改善に向かうとの予測を発表している。1. 新規提携に伴う一時金が見込まれる 2. 研究開発に関する既存の提携先からの重要なマイルストンに関する収益(約500万米ドル以上)が見込まれる 3. 20年までの医薬品開発のための十分な資金を確保している—ことが理由。18年12月期第1四半期(18年4-6月)
の営業損益は17.83億円の赤字(18年3月期第1四半期実績7.31億円の黒字)だった。 <HH>

情報提供元:FISCO
記事名:「SOSEI---大幅に3日ぶり反発、19年12月期に業績改善との予測発表