反発。19年2月期の営業損益予想を1.80億円の黒字と発表している。同時に発表した18年2月期実績の1.73億円の赤字から、今期は黒字に転換する見通し。中古商材などの買取を強化し、店舗収益力を向上させることに加え、業務効率化による店舗運営のコスト削減や本部事務所の移転などの固定費圧縮で赤字体質からの脱却を図る。
赤字が着実に減少していることに加え、今期の黒字転換予想が好感されているようだ。 <HK>

情報提供元:FISCO
記事名:「テイツー---反発、19年2月期は黒字転換見通し