一時919円まで急伸。前週末はイスラエルのVBL Therapeutics社から導入した遺伝子治療薬「VB-111」の第III相試験結果の速報が伝わり、ストップ安となっていた。みずほ証券では結果についてネガティブな印象としつつ、みずほ証券は「VB-111」を従来から業績予想に含めておらず、実質的な影響は乏しいとしている。同社で期待すべきなのは自社品「NC-6004」とみており、年後半に明らかになる米第II相試験の結果に注目しているという。 <HK>

情報提供元:FISCO
記事名:「ナノキャリア---一時急伸、みずほ証券では期待すべきは「NC-6004」と