急落。東証が信用取引に関する臨時措置を実施している。本日売買分から委託保証金率が50%以上(うち現金20%以上)とされている。また、日証金も貸借取引自己取引分及び非清算参加者ごとの清算取次貸借取引自己取引分に係る貸借担保金率を30%から50%(同20%)とした。同社株価は3月に入り急動意を見せ、9日に昨年来
高値1015円を付けるまで大きく上昇した。一部メディアの業績予想がきっかけとみられる。 <HK>

情報提供元:FISCO
記事名:「ナビタス---急落、本日からの信用規制実施が重し