ストップ高。17年7-12月期(第2四半期累計)決算を発表している。営業利益は1.27億円となり、前年同期(0.04億円)から利益水準が急回復した。インソーシング・派遣事業では、輸送用機器、住設関連、食品関連分野からの受注が引き続き堅調に推移した。18年6月期の通期業績については、営業利益で前期比4.0倍の1.60億円とする従来予想を据え置いているが、7-12月期の順調な進捗がポジティブ視されているようだ。 <HK>

情報提供元:FISCO
記事名:「平山HD---ストップ高、17年7-12月期は利益水準が急回復