[日経平均株価・TOPIX(表)]

日経平均;20074.41;-44.45TOPIX;1621.21;-4.27


[寄り付き概況]

 18日の日経平均は反落でスタートした。17日の米国市場では、今週から本格化する4-6月期決算を見極めたいとの思惑から、投資家の様子見姿勢が強まったほか、予想を下振れた7月NY連銀製造業景気指数や原油安が嫌気され、上値の重い展開となった。為替相場は1ドル112円50銭台で推移しており、前週末比円高へ振れている。シカゴ日経225先物清算値は大阪比75円安の20035円となっており、225先物にサヤ寄せする格好から、本日の日経平均は売り先行となった。東京市場でも、本格化する企業決算を控えた様子見ムードが強まっている。

 セクターでは、銀行業、輸送用機器、証券・商品先物取引業、不動産業がさえない。売買代金上位では、三菱UFJ<8306>、トヨタ自<7203>、ファーストリテ<9983>、三井住友<8316>、みずほ<8411>、KLab<3656>、7&iHD<3382>、第一生命HD<8750>がさえない。一方で、任天堂<7974>、ソフトバンクG<9984>、武田薬<4502>、東芝<6502>、花王<4452>は堅調。
<HT>

情報提供元:FISCO
記事名:「日経平均は反落でスタート、本格化する企業決算を控え様子見ムード、メガバンクや自動車関連がさえない